bar_1

contents_map

ラベル 親指シフト の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 親指シフト の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年12月25日水曜日

Karabiner-Elementsだけで親指シフト環境を構築(2019年版)

以前, Karabiner-Elements (以下, KE)だけで親指シフト環境を構築した. これはKEのバージョンアップのいつかのタイミングで, 不具合が発生するようになっていた.
この不具合について今回対策を試みたので, 本記事で2019年版として紹介する. 確認したのは以下の環境である:
  • OS: macOS High Sierra 10.13.6
  • IME: Google 日本語入力 2.25.3700.1(ローマ字入力)
  • Karabiner-Elements: 12.8.0
  • システム環境|キーボード>キーボード>修飾キー…のKarabiner VirtualHIDKeyboardの設定: デフォルト
  • キーボード: USB接続のJISキーボード Logicool K120
なお今回提案の親指シフト環境で, システム環境設定でのキーボード設定で修飾キーの入れ替えをしている場合, 分節調整(Ctrl-I, Ctrl-O)がうまく動作しなくなることを, 筆者は確認している. 原因は不明である

2018年2月19日月曜日

macOS High SierraでKarabiner-Elementsだけで親指シフト入力環境を構築する方法

!!!!あたらしい記事が ここ にあります!!!!
Fortniteが動くかとおもいEl Capitan (10.11.x) から一気にHigh Sierraにアップグレードしてみたものの, グラボがないとダメですと言われてゲームが起動できなかった.
これまで私がSierra系に更新していなかった理由は, Karabinerが動かないと聞いていたからだ. こうなったらSierra以降向けに開発されているという Karabiner-Elements (KE) で, 無理矢理NICOLA配列での親指シフト入力環境を実現する しかない……というわけで, とりあえず動くものができたので公開します.
動作確認した環境は下記:
  • OS version - macOS High Sierra (10.13.3)
  • IME - Google 日本語入力 2.20.2700.1 (基本設定: ローマ字入力)
  • Karabiner-Elements version - 11.5.0
試してないけどSierraでもイケると思う.
インプリしたのは, とりあえず NICOLA配列 (JAWP) で, 右シフトを「変換」キー, 左シフトを「無変換」キーとしています.
現状のこのNICOLA配列の実装の不具合としては:
  • けっこう前もって (よっこらしょという感じで) 親指シフトキーを押す必要がある
  • ときどきシフト状況が正確に把握されないことがある
という点が挙げられます. もっとうまい書き方があるかもしれない.

使い方

Karabiner-Elements (KE) をインストールしてから,
上記の2つのjsonファイルをダウンロードして, ディレクトリ: $HOME/.config/karabiner/assets/complex_modifications/ に格納してください.
次に, Karabiner-Elementsを起動してから Preferences... を開き, Complex Modifications タブを選択します. 下の方にある Add rule ボタンを押すと, 設定の一覧が出てきます.
この一覧の下の方に, 「無変換, 変換キーでIME Off, On」, 「親指シフト入力のためのNICOLA配列」があるので, Enableして下さい.

おおまかな仕組み

シフトごとにフラグとなる変数: Oyayubi-R, Oyayubi-L, Oyayubi-Any (右か左のどちらかが押されたとき用) を用意 (set_variable) して, 押下されたらセット, 離されたらリセットしています. この処理の記述をしているのが, muhenkan_henkan_ime.json です.
フラグの状態とIMEの状態に応じてmanipulateの処理が決まります. こちらは nicola_genenerated.json で記述しています.
ファイル名から察しがつくように, いちいちキー一つ一つの設定を書いていくのは面倒なので, 設定のためのjsonジェネレータをRubyで書いた――のだけど, こういうものがあると後から知った:

Conclusion

macOS High Serraで, Karabiner-Elementsだけで親指シフト入力を可能にした.

References

実装するにあたり, 以下のドキュメントが役に立ちました.

2010年9月2日木曜日

親指シフト入力の環境2010

親指シフト環境については今まで何度か試してきたが、今日見かけたエントリ
Google日本語入力+DvorakJ(キーボード配列の設定変更ソフト)
が、最強だとわかったので、以降コレで通そうと思う。

以前に一度お試しで、Google日本語入力については、インストールしていたが、
今回インストールし直した。

それ以外については、上記のエントリで、最低限の設定については知ることができる。
blechmuzik氏によるDovorakJのページは、こちら

細かい操作方法で気になる点はある─GoogleIMEとDovorakJの両方の設定の問題と思われるが─ので、別途エントリをあげようと思う。
が、この環境は、これはまったくすばらしい。


なにより、これでやっと、糞のようなMS-IMEから、完全に開放される!!

2008年5月14日水曜日

親指シフト練習法

下記の練習法によって、だいたい2~3週間ほどで親指シフトで用いられる文字配列を覚えることができた(2008/3月時点の話)ので、ご紹介します。

ローマ字入力と比較しての効能として現時点で感じていることは、ローマ字入力よりは指が疲れないし、慣れてくれば速度もより早いということです。

親指シフトドライバとしては、やまぶきを使用いたしました。
(著名なソフトとして、もうひとつ親指ひゅんQがありますが、アプリをいろい
ろ試したところ、当方の環境(XP HE)ではどうもうまく動きませんでした。)


まずは、設定から。
■設定
●OS・IME関連
‐地域と言語のオプション
コントロールパネル>地域と言語のオプション>
テキストサービスと入力言語>詳細設定>詳細なテキストサービス
→「詳細なテキストサービスをオフにする」をチェックする。

‐IMEの入力モード
→「ひらがな」をチェック

‐IMEの入力設定
・プロパティ>全般>入力設定ペイン
→「ローマ字入力/かな入力」で、かな入力を選択する。
→おこのみで「スペースの入力」で、常に半角を選択する。

●やまぶき関連
  1. やまぶきを起動する。
  2. タスクトレイのやまぶきのアイコンを右クリック>設定...を選択。
    ‐設定ウィンドウ中の項目:配列定義ファイル
    → おこのみの配列を選択。自分の場合飛鳥[21-290](数字除く).ini を使用している。
    ‐設定ウィンドウ中の項目:右シフトキー
    → 設定を「スペース」から「変換」キーにする。
  3. タスクトレイのやまぶきのアイコンを右クリック>終了を選択。
    → これで、設定がyamabuki.iniファイルに保存される
■親指シフト入力の練習方法
1)「ひだり」、「みぎ」、「む」の入力を練習する。

2)50音表を自作する
下記のような表を作成します。配置を覚える意味で、ていねいに手打ちしていきます。
+-------+-------+-------+
|あ 左d|ぁ 左r|
|い 無k|ぃ 左u|
|う 無d|ぅ 左t|
|え 左e|ぇ 左y|
|お 右s|ぉ 左g|
+-------+-------+-------
|か 無l|が 左m|
|き 無a|ぎ 無g|
|く 右j|ぐ 右x|
|け 無:|げ 左:|
|こ 右o|ご 右@|
+-------+-------+-------
|さ 左s|ざ 左q|
|し 無s|じ 無e|
|す 左k|ず 左h|
|せ 無x|ぜ 左z|
|そ 右i|ぞ 右p|
+-------+-------+-------
|た 無;| |だ 左a
|ち 左c| |ぢ 右y
|つ 右l|っ 無m|づ 右v
|て 無f| |で 左;
|と 無i| |ど 右,
+-------+-------+-------
|な 右d|
|に 右;|
|ぬ 右g|
|ね 左w|
|の 右k|
+-------+-------+-------+
|は 無o|ぱ 右c|ば 左v
|ひ 左x|ぴ 無r|び 無b
|ふ 左o|ぷ 右z|ぶ 無v
|へ 無p|ぺ 右r|べ 右w
|ほ 無z|ぽ 右/|ぼ 右h
+-------+-------+-------+
|ま 左l
|み 無c
|む 右n
|め 無/
|も 右.
+-------+-------+-------+
|や 左n|ゃ 無n
|ゆ 無h|ゅ 無.
|よ 左i|ょ 無,
+-------+-------+-------+
|ら 右f
|り 左f
|る 左j
|れ 右e
|ろ 右:
+-------+-------+-------+
|わ 右a
|を 右m
|ん 無j
+-------+-------+-------+
|「 無q
|」 無@
|( 右q
|) 左@
|{ 左1
|} 左4
|[ 左2
|] 左3
|< 右0
|> 右9
+-------+-------+-------+
|+ 左-
|* 左8
|& 右t
|& 左6
|/ 左0
|/ 右\
|= 右-
|% 無t
|¥ 無[
+-------+-------+-------+
|・ 無u
|. 無-
|, 無^
|’ 左7
|* 無\
|、 左,
|。 左.
|! 左p
|! 右1
|? 左/
|ー 無w
|| 左\
|- 無y
|~ 右u
|_ 左[
|
+----



3)句読点の入力を練習する。
、。?!

4)助詞・助動詞の入力を練習する。
てをには

がで
です
ます

である

5)自分の名前の入力を練習する。

6)普段使用しているアプリで、親指シフトのみで日本語入力する
これは、2)で作成した50音表を見ながらでよい。
ただし慣れるにしたがって、だんだん見る量を減らしていくこと。