bar_1

contents_map

ラベル Google日本語入力 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Google日本語入力 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2019年12月25日水曜日

Karabiner-Elementsだけで親指シフト環境を構築(2019年版)

以前, Karabiner-Elements (以下, KE)だけで親指シフト環境を構築した. これはKEのバージョンアップのいつかのタイミングで, 不具合が発生するようになっていた.
この不具合について今回対策を試みたので, 本記事で2019年版として紹介する. 確認したのは以下の環境である:
  • OS: macOS High Sierra 10.13.6
  • IME: Google 日本語入力 2.25.3700.1(ローマ字入力)
  • Karabiner-Elements: 12.8.0
  • システム環境|キーボード>キーボード>修飾キー…のKarabiner VirtualHIDKeyboardの設定: デフォルト
  • キーボード: USB接続のJISキーボード Logicool K120
なお今回提案の親指シフト環境で, システム環境設定でのキーボード設定で修飾キーの入れ替えをしている場合, 分節調整(Ctrl-I, Ctrl-O)がうまく動作しなくなることを, 筆者は確認している. 原因は不明である

2010年9月2日木曜日

親指シフト入力の環境2010

親指シフト環境については今まで何度か試してきたが、今日見かけたエントリ
Google日本語入力+DvorakJ(キーボード配列の設定変更ソフト)
が、最強だとわかったので、以降コレで通そうと思う。

以前に一度お試しで、Google日本語入力については、インストールしていたが、
今回インストールし直した。

それ以外については、上記のエントリで、最低限の設定については知ることができる。
blechmuzik氏によるDovorakJのページは、こちら

細かい操作方法で気になる点はある─GoogleIMEとDovorakJの両方の設定の問題と思われるが─ので、別途エントリをあげようと思う。
が、この環境は、これはまったくすばらしい。


なにより、これでやっと、糞のようなMS-IMEから、完全に開放される!!